お知らせと更新情報

【「がくさいwatch」第6号発刊 のご報告】 2021.07.16

広報誌「がくさいwatch」第6号を発刊致しました。
今回は,病院長・副院長挨拶,新入職員紹介,2019年度活動報告などを掲載しております。また連載の「がくさいキッチン」もぜひご覧ください。
この広報誌は,当院ホームページでも閲覧することができます。
http://gakusai-hp.jp/gakusaiwatch.html
(企画広報委員会:S)

【行事食のご提供】 2021.07.11

 7月7日七夕行事食を提供しました。献立は、七夕冷やしうどん、炊き合わせ、七夕ゼリーです。七夕冷やしうどんは、天の川や織り姫の織り糸に見立てました。炊き合わせは、夏野菜と数種類の食材を入れ華やかに仕上げました。
 夏野菜のおくらは、収穫期には1日2㎝ものびるほど生命力があり、夏バテ回復に重宝します。βーカロテンが豊富で抗酸化作用大。ぬめりの成分は糖タンパク質のムチンと食物繊維のペクチンです。ムチンは体の粘膜を保護しタンパク質の吸収も助けるのでスタミナ増強になります。ペクチンは腸内コレステロールを下げ、胆汁酸を減少させるので動脈硬化や胆石の予防になります。
 夏野菜を食べて、夏を乗り切りたいですね。
(栄養科:S)

 

【第21回日本運動器看護学会学術集会参加のご報告】 2021.07.05

 WEBで開催された「第21回日本運動器看護学会学術集会」に参加しました。
 今年のテーマは「スポーツ活動と看護」でした。私は「青少年のスポーツ活動を支える多職種連携と看護への期待」というテーマで養護教諭・理学療法士の方々と一緒にパネルディスカッションに参加し、自部署で行っている看護を紹介しました。
 初めての学会参加でしたのでとても緊張しましたが、それ以上に多くの学びを得ることができました。退院後、学生が怪我の再発がなくスポーツ復帰ができるよう、学生自身が自分の今後の経過を話すことができるくらい理解が得られるツールが必要だと感じ、部署で取り組んでいきたいと思います。
 今回の発表にあたり、部署のスタッフをはじめ多くの方にご助力いただき、心よりお礼申し上げます。
(整形外科病棟:看護師S)

 

【行事食(水無月)のご提供】 2021.06.30

 6月30日に水無月献立を提供しました。

 本格的な夏を迎える直前の6月30日、京都では「水無月」を食べる風習があります。
この日は「夏越祓(なごしのはらえ)」という神事が行われ、半年の間に身についた穢れや災いを祓い落とし、心身を清め、1年の残りの半分の無病息災を願う行事のことです。

 水無月は、白い三角形のういろうに小豆をのせたもの。かつて宮中の貴族たちの間では、氷を食べて暑気を払う習慣があり、当時は氷は大変貴重だったため、ういろうを三角形に切り、氷に似せたお菓子を作って食べていたといわれています。

 当院では、小豆ミルクゼリーを三角にカットし水無月に見立てました。

 入院患者さんに行事食を提供し、季節を感じて頂きました。これからの暑い季節、献立で患者さんをサポートしていきます。多く含まれているのは、ビタミンAです。活性酸素の発生を抑え、細胞の老化を防ぎ、免疫機能を高めます。

 入院患者さんに行事食を提供し、季節を感じて頂きました。これからの暑い季節、献立で患者さんをサポートしていきます。

(栄養科:S)

【第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 参加のご報告】 2021.06.22

【第58回日本リハビリテーション医学会学術集会 参加のご報告】2021.6.10~6.13

 「第58回日本リハビリテーション医学会学術集会」が国立京都国際会館において万全の感染対策の中で開催されました。
 私自身、多くの先生方のご指導を頂くことで、初めて学会発表を行なうことができました。また当院からは一般演題4題、関連職演題7題、計11題の発表を行ないました。
 さまざまな発表を通じ、他病院、他職種の先生と意見交換を行ない、自身の治療を見つめ直し洗練する良い機会となりました。患者様に提供する治療をより良いものとするため、今後も学会への参加や発表を継続していきます。
(理学療法士:S)

<当院から発表を行なった演題>
・関節可動域制限を有する脳卒中片麻痺に対しSPEX膝継手と踵補高を用いた1例
・回復期リハビリテーション病棟入院患者におけるビタミンB1欠乏の合併について
・腎がん脳転移による腫瘍内出血に非麻痺側上肢の病的骨折を合併した1例
・関節リウマチ患者におけるサルコペニア発症が身体活動と健康関連QOLにおよぼす影響
・ウェルウォークによる監視歩行獲得へ奇与する体幹機能因子に関する検討
・回復期リハビリテーション病棟におけるサルコペニア診断の妥当性ーAWG2019基準での検討ー
・麻痺側の振り出し困難に対しウェルウォークを用いた歩行練習が有用であった左片麻痺例
・ウェルウォークを用いた歩行練習を行なった頚髄損傷患者1例
・重症患者のおける実績指数40以上の達成に関わる因子の検討
・麻痺側上肢への随意運動介助型電気刺激を用いた自主練習後に持続的効果を認めた左片麻痺例
・回復期脳卒中片麻痺患者への装着型随意運動介助電気刺激装置を用いた自主練習効果の予備的検討

 
 
 
 

【がくさいwatch第8号発刊のお知らせ】 2021.06.07

 広報誌「がくさいwatch」第8号を発刊致しました。今回は新年度のご挨拶をはじめ、学会賞受賞のご報告、新入職員のご紹介を掲載しています。また連載の「くすりについて知ろう」「がくさいキッチン」もご覧いただき、ご参考にしていただければ幸いです。
 受付や外来待合室,各病棟に設置致しておりますので是非ご一読ください。よろしくお願い致します。尚、この広報誌は当院のホームページ上でも閲覧することができます。
(企画広報委員会:S)

各種アンケート調査の結果 2021.05.26

当院の活動をより良いものにしていくため、患者様にご協力いただいたアンケートの集計結果です。
今後の医療・各種サービスの向上に向けた取り組みに役立てていきます。

 

患者様満足度調査アンケート結果
2020年度調査

【女性事務員制服変更のお知らせ】 2021.05.01

 5月1日より女性事務員の制服が新しくなりました。
濃紺色で統一され、落ち着いたイメージになりました。
装いも新たに気持ちを更に引き締め、今後もより一層努力して参ります。よろしくお願いします。
(医事課:T)

【新入職員研修修了のお知らせ】 2021.04.14

 4月に入職した職員は,新入職員研修を修了しそれぞれの部署で働き始めました。これからの活躍を期待しています。研修の間に同期の絆も深まったようです。
(院内教育委員会)

【2021年度 新入職員のお知らせ】 2021.04.01

 当院に11名の職員が入職しました(医師2名,看護師4名,療法士5名)。コロナ禍においても,当院が発展していくために必要な仲間達です。これからの成長を温かく見守って頂けると幸いです。
(がくさい病院)

がくさい病院について
診療科
各部門のご紹介
施設データ
関連施設等