お知らせと更新情報

【京都市域地域リハビリテーション支援センター勉強会 のご報告】2018.3.24

 京都市域地域リハビリテーション支援センターでは、リハビリテーションに関わる知識と技術をリハビリテーション専門職の方に対して、一緒に考えながら勉強していく勉強会を年に数回実施しております。
 今回のテーマは『訪問摂食嚥下の〝技〟を磨く〜評価からアプローチ・機器の導入まで〜』でした。講師は 永来 努先生(言語聴覚士,株式会社コンパス代表取締役)にお願いしました。ST9名、PT5名、OT3名に御参加頂きました。在宅での摂食嚥下についての実践を、評価から実技さらに機器の導入について教えていただきました。これまで開催されてこなかった、在宅に関わっておられる訪問リハビリテーションの言語聴覚士を中心とした勉強会であり,大変有意義な時間となりました。
(京都市域地域リハビリテーション支援センターS)



 

« 次の記事お知らせと更新情報TOP前の記事 »

がくさい病院について
診療科
診療部
施設データ
関連施設等